健康的なダイエットにはホルモンが不可欠な理由

実は、この5年間でダイエットのプログラムや美造のメニュー参加者の減量数を計算したところ、約1トン以上のダイエットのお手伝いをできたことが判明しました。

 

もちろん、お客様自身の努力のたまものなのですが、たくさんの減量に携われたことを、とても嬉しく思います。

 

なぜ、約1トン以上の減量をお手伝いできたのか?

 

それは、美造は乱れやすい「ホルモン」について人一倍勉強しているから!

 

ダイエットとホルモンって、とても深い関係があるんです。

 

この記事ではダイエットとホルモンの関係を、健康管理士と管理栄養士による体質改善専門サロン代表の観点から解決します。

 

人間の身体には100以上のホルモンがあり、特に女性は卵胞期、排卵期、黄体期、そして月経という4段階の周期を持ちながら生活をしています。

 

  • ダイエットをしているのにまったく結果が出ない。

 

  • 知らないうちに体重が増えてしまっている。

 

  • ダイエットとホルモンバランスってどう関係しているの?

 

ダイエットを成功に導くにはホルモンの事を知っておきたいもの。

 

この記事はダイエットに役立つホルモンとその活かし方がたくさん詰まっていますのでぜひ読んでみてくださいね。

 

美造ダイエット5つのポイント

まずは美造ダイエットの5つのポイントについてお話したいと思います。

 

美造では以下の5つのポイントに注目しています。

 

① 食事

→健康的な食事のバランス、整っていますか?

バランスの取れた身体、適正な体重になるためには毎日朝食を取って、野菜や果物もしっかり食べるといった地道で長期的なライフスタイルが欠かせません。

 

② ストレス

→ストレスケアできていますか?

ストレスはダイエットの大敵。ストレスが溜まると、ほんとうは必要のないものを身体が欲してしまいます。

 

それによって更にストレスがたまる、という負のサイクルに陥ってしまいます。

 

③ 筋肉

→最近、筋肉が落ちたと感じていませんか?

身体を動かしていないと筋肉は減っていきます。

 

30代が節目で筋肉は年々減っていってしまうのです。ダイエットには筋肉量が重要な目安となります。

 

④ 代謝

基礎代謝を上げないと、なかなか脂肪燃焼はできませんね。

 

太りやすい体質を改善するには代謝をあげることが重要です。

 

⑤ ホルモン

→特に女性の身体と心はとても微妙なバランスの上で保たれています

ホルモンバランスの変化によって痩せやすい時期、そうでない時期が変わります。

 

ストレスとダイエットの関係

適度なストレスは人間にとって必要なものですが、過度なストレスはダイエットの天敵。

 

ストレスが溜まると血糖値や血圧が上がったり、自律神経のバランスが乱れます。

 

更には、過剰な食欲や、お腹がいっぱいでも食べてしまうことも。

 

こういった自律神経や食欲の乱れには、ストレスホルモンが大きく関わっているのです。

 

ストレスホルモンとは、ストレスによる刺激を受けたときに脳からの刺激を受けて分泌量が増えるホルモンのことです。

 

そのストレスホルモンの名前は「コルチゾール」です。

 

ストレス太りの原因はコルチゾール

コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンのひとつでダイエットの天敵だと言われています。

 

コルチゾールが体に与える影響は以下の2つです。

 

1.脂肪を蓄えやすくする

 

ストレスを感じると、コルチゾールはたくさんのエネルギーを引き出そうとします。

 

その状態で食べると、食べた物をエネルギーの源となる脂肪に変えるスピードが上がってしまいます。

 

2.食欲抑制ができなくなる

 

さらにストレスが高い状態が続くと食欲が増し、脂肪を体にため込みやすい状態が続いてしまいます。

 

それが『ストレス太り』になる原因です。

 

特に、「2.食欲抑制ができなくなる」では、「レプチン」という食欲抑制ホルモンが関係してきます。

 

レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、基本的には食事をしたあとに分泌されるもの。

 

このレプチンの分泌によって、脳の視床下部にある「満腹中枢」が刺激され、満腹感を覚えるようになり、食欲が抑制されます。

 

コルチゾール量が上がると、セロトニンという幸せホルモンが下がり、セロトニンの分泌量が減ると、レプチンも下がってしまい、食欲抑制が難しくなるのです。

 

このように「ストレスでドカ食いする」という現象も、ホルモンによるメカニズムで説明できるのです。

ストレスに負けないダイエットは〇〇〇

ここまでホルモンがダイエットに及ぼす影響について解説してきました。

 

では、コルチゾールを抑えて、ストレスを溜めにくくダイエットするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

幸せを感じた時に分泌される「セロトニン」は分泌量が増えると食欲をコントロールしやすくなることがわかっています。

 

つまり、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンをたくさん分泌させればおのずとダイエットは成功するはず。

 

  • ぬいぐるみやクッションを抱く

 

  • 太陽の光を浴びる

 

こんなことでもセロトニンは分泌されますが、ストレスに負けないダイエットの一番の解決策は

 

「溜めたストレスを上回るぐらい毎日自分を満たしてあげること」

 

「自分を満たす」には悪い生活習慣を止めるより、新しい行為で上書きするということが大事なんです。

 

次回ブログでは、自分を満たすヒントについてお伝えしますね。

ダイエットの知識を持とう

健康的なダイエットのためには正しい知識が必要です。

 

ホルモンのことをもっと知りたい、ストレスケアのケアをしたい・・・。

 

そんなあなたにはLINEでのご相談か、あなたに必要な太りにくい栄養素を診断するフードバランス診断もおススメです。

 

お問い合わせは公式LINE又はメールよりお問い合わせください。

LINE登録で
妊活や子宮の悩みを改善する子宮メソッド小冊子

美造ダイエットの秘密 動画

プレゼント中

 

 

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

ご予約はこちらからどうぞ

ネットでのご予約を受け付けております。
お急ぎの場合は、080-2526-9198までお電話ください。
(施術中はお電話に出られません。ご了承くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA