夜のドカ食いをやめるためのたった一つの方法

「夜になればなるほど、食欲が湧いてきてしまう・・・・!」という日もありませんか?

「寝たいのに、食欲に支配される」

「ついつい食べ物に手が伸びてしまって、心行くまで食べてしまう」

そんなお悩みを健康管理士と管理栄養士による体質改善専門サロン美造代表の観点から解説します。

寝る前についお菓子やご飯を食べてしまう人は、ぜひ読んでみてくださいね。

夜にドカ食いしてしまう人の特徴

  • 日中の食事量は夜遅くふつう
  • 夜になると食欲がコントロールできなくなる
  • 空腹でないときも、つい食べてしまう
  • そんな自分を情けないと思う

そんな人はいませんか?コレ、もしかしたら「夜食症候群」かもしれません。

自分でも身体によくないと思っていても、食欲の暴走をコントロールできないとしたら、心身ともに負担がかかっている状態だと言えるのです。

夜にドカ食いしてしまう原因は2つ

実は、夜のドカ食いの原因にはたくさんのホルモンが関わっているのです。意思の問題ではないので、一緒に見ていきましょう。

ストレス

食事をすると、ドーパミンやセロトニンなど、満足感を感じるホルモンを分泌します。

あなたのストレスが高まりすぎた時、そのストレスを解消するために脳が勝手に満足感を得よう、空腹でもないのに過食を続けている場合があります。

結果として夜食症候群になってしまうことも珍しくないのです。

睡眠不足

長い間起きていると、「食欲をアップさせるホルモン」であるグレリンやコルチゾールなどの分泌を増やす傾向があります。

「食欲を抑えるホルモン」レプチンの働きも鈍くなりやすいので、どんどん食欲が抑えられなくなっていきます。

規則正しい時間に寝ることも、実は夜のドカ食い防止には大切なのです。

夜のドカ食いやめるにはコレ1つでOK!

ストレスや睡眠不足が原因である夜のドカ食い。

生活習慣病や大きな病気とも繋がっているストレスを無くすためには結局何をしたらいいのでしょうか?

答えは一つ。

自分を満たす事!

ストレスのない生活なんて仕事や人間関係を捨てて、仙人になるしかありません。

しかし、それは無理…。

だから、ストレスを受けても大丈夫なように自分のストレス耐性を増やすことが大切です。

具体的な自分を満たす方法

  • ハグをすること
  • 人に触れること
  • エステやマッサージ
  • コーヒーの匂いをかぐ
  • 素敵なお店に行く
  • お気に入りの服や下着を身に着ける
  • 友達とカラオケに行く

などなど、他にもきっとあなたを満たしてくれるものはたくさんあるはず。

ぜひ、あなたを満たすことをリスト化して「ご褒美リスト」を作ってみてください。

美造の21日間ダイエットでも取り入れているドカ食い習慣を緩めていくための秘密の技です。

ダイエットの知識を持とう

健康的なダイエットのためには正しい知識が必要です。

今回のドカ食いをやめるヒントも実践したいけど、なかなか一人では難しい…そんなあなたにはLINEでのご相談か、遺伝子検査から生まれ持った体質を知り、あなたの日常の習慣にアプローチしていく「21日間ダイエット」がおススメです。

ぜひ、こちらの記事をクリックして詳しく知ってください。

習慣を変えて運命を変える?!21日間DIET

 

 

お問い合わせは公式LINE又はメールよりお問い合わせください。

LINE登録で
妊活や子宮の悩みを改善する子宮メソッド小冊子

美造ダイエットの秘密 動画

プレゼント中

 

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

ご予約はこちらからどうぞ

ネットでのご予約を受け付けております。
お急ぎの場合は、080-2526-9198までお電話ください。
(施術中はお電話に出られません。ご了承くださいませ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA