自律神経を整えるためにオススメな習慣はコレ‼️

前回からお話している自律神経のお話。

その2は、自律神経の整う生活の仕方の話。

自律神経失調症、実は450万人もいると言われてます。日本の5%を占める人が自律神経の不調に悩んでいるなら国を挙げて改善に取り組まないといけないということで、働き方改革なんかも出てきているのではないでしょうか…

(自律神経が乱れたままだと、鬱や癌につながると言われてます)

こんな症状にお悩みの方、自律神経が乱れているかもしれません。

☑︎なんかだるい。

☑︎朝おきられない

☑︎イライラ

☑︎やる気が起きない

☑︎不登校・仕事に行きたくない

☑︎夜眠れない

☑︎自律神経失調症

☑︎過敏性腸症候群

☑︎寒暖差のアレルギー

☑︎蕁麻疹

などなどの症状に悩まされる方多くいらっしゃいます。さらにひどくなると

神経性胃炎

過呼吸症候群

メニエール病

にも繋がる事も…

自律神経が乱れているときは、緊張モードの交感神経が優位になっています。
ですから、自律神経の調整をしたいときは、リラックスをしたときに生まれる副交感神経を優位にするのが効果的です。と、先日、話しました。

自律神経にはよもぎ蒸しとデトックスDIET

前回は香り成分と血流改善について話しましたが、

今日は自律神経にオススメな習慣についてお伝えします。

 

自律神経を整えるためにオススメな習慣 その1 朝日を浴びる

サーカディアンリズムという言葉を知ってますか?

サーカディアンリズムとは

(こちらはダイエット面で書きましたが気になる方は是非)

自律神経を整える観点から見ると、体内時計をリセットするためには、朝日を浴びるのが一番簡単である事、

さらに、光を浴びる事で作られるセロトニンがすごーく重要になってきます。

(ちなみによもぎ蒸しで腸を温める事でセロトニンの生成もサポートされます)

セロトニンとは、幸せホルモンと呼ばれていて幸福を感じたりすると分泌されるホルモンになります。

このセロトニンが自律神経を整える作用もあるため、幸せ探しも大事ですが、手っ取り早いのが朝日を浴びる事という事で、朝日を浴びると一挙両得ですね。

 

自律神経を整えるためにオススメな習慣 その2 自分を整えるスイッチを毎日押す

やる気スイッチという言葉はよく聞く言葉ですが、自分を整えるスイッチも実はたーくさんあるんです。

自分を一番大事に出来るのはあなたの周りの人ではなく実は自分なんです。

(もちろんご主人や彼、親御さんが一番大事にしてくれるって方もいると思いますが…)

自分で自分を労る事を後回しにしていませんか??

忙しい事と、自分を労りコンディションを整える事は別で考えないといけません。

(仕事面でも、自分を労る事で得られるパフォーマンスの向上を是非知って欲しい…)

例えば、

身体のケアに行ったり、(美造でもそうでなくても)

温泉や銭湯に行ったり、

美術館やカラオケに行く事、

美味しいものを食べる事や、

お酒を飲みに行く事、

家でちょっといいチョコを食べる事、

お気に入りのカップで暖かい飲物を飲む事

好きなカフェに行く事

本や雑誌を読む事

旅行に行く事

実家に行く事

などなど、

お金がかからないものもたーくさん出てくると思います。

これを日々の生活にどれだけ詰め込めるか??

今仕事や家庭も忙しくて自分を労る時間なんてないほど忙しいかもしれません。

ただ、今日の選択が半年後のあなたの未来をつくります。

自律神経を整えるために自分を労る事の優先順位上げてくださいね。

 

優先順位や自分を労る習慣作りについてはこちら

 

またまた長くなってしまったので、続きはまた次回。

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA