考えがまとまらない…やりたい事が進まない…そんな時に頭の中をスッキリさせるには?

頭の中をスッキリさせるには?

あれもしたい、これもしたい

あんな風になりたい、こうなりたい

過去の経験や、未来への不安や希望

私たちの頭の中には色んな情報がたくさんありますよね

それって今必要ですか?

もしかしたら必要になるかもしれない

いつか使うかもしれない

もしかしたら〇〇なことがおこるかもしれない

もしもの時のための対策は必要なものの

過度な情報収集で

どこから手をつけたらいいか分からない

あれもこれも…と頭の中はパンク状態になってないですか?

まずは、何事も頑張らなくてはならないという思い込みを捨てませんか??

向きあって努力することは大切。

頑張ることは必要だけど、必要以上の頑張りは夢中になり、

自分や周りを見失い、結果にとらわれたり見返りを求めたり、必要以上の情報に支配されてしまう。

ある程度頑張ったら、客観的に物事を見てみて

今、何が必要で、何が不必要なのかを見極めてあげる。

そして欲や不必要なものを手放すこと

このバランスが大切。

これが、いろいろな物事を冷静にとらえ、

心の揺れを穏やかにしてくれる。

鳥の羽ばたきに例えてみると…ひな鳥は巣立ちの時、初めは飛べないので頑張って羽ばたき、なんとか飛べるようになる。飛べるようになると、ずっとは羽ばたきづづけませんよね。あるときは、風を読んで、羽ばたきを止めて、風にのって空を飛ぶ。そして風がやんだらまた羽ばたき、空を飛んでいく。

そのようにして、物事を見る目を、自分という身体を通して見る主観ではなく、高い空の上から広い大地を見下ろすように、広い視野で見る客観にしていく必要がある。

それが、人生において、今どんな状況でどうすべきなのか判断を、見極める力を持つ。

努力すべきか、様子を見るべきか、一呼吸つくべきか。

執着しないで手放す

執着するのも手放すのも

自分にとって必要な出来事であると受け入れることで、自分を成長させてくれる。

その繰り返し。

物の見方ひとつ、捉え方ひとつ。

まずは自分の見方。

物事結果は変わらずとも、

自分の見方が変わることで、見える世界が変わります。

自分で自分を幸せにできる人になる!!21日間習慣作りプログラム時間と手帳編

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA