腸活ダイエット3つのポイント

「腸活ダイエット」3つのポイントとは?

秋は気候も過ごしやすく、食材も豊富なため、食べる量が増えがちになります。そこで気になるのがダイエット。しかし、いわゆる“食べないダイエット”では、一時的に体重が減ってもストレスで自律神経に影響を与えたり、リバウンドによって逆に体重が増えたりすることがあります。

快便がダイエットの一番の近道?
便秘はの人は約22%? 「普通」の人も注意。「頑固な便秘」が4%、「ちょっと便秘かも」が18%で、合わせて22%の人が快便とはいえない状況のようです。

また、「普通」と回答した44%の人も注意が必要です。1回に排泄する理想的な快便は、皮をむいたバナナのような太さの状態だそう。細い便やコロコロ状、水に流した時にくずれるようなら改善が必要です

ダイエットにつながる快便を促すには、腸を活性化することが重要です。有効な「腸活ダイエット」のポイントとは。

一言でいうと「腸内フローラを整えること」
大腸内の腸内細菌は約1000種類あり、その数は100兆個ともいわれています。
腸内にたくさんの菌が生息している
善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがたいせつで、悪玉菌が増え過ぎるのを抑えなければなりません。それは“快便”によってもたらされると考えてください。便秘によって悪玉菌が増えると様々な機能低下を招き、むくみや血行不良などの原因となるほか、ダイエットにも悪い影響を及ぼすのです
快便には食物繊維と発酵食品が有効
排便は食生活や生活習慣と深く関わっています。たとえば腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を助け、質のいい便の材料となる食物繊維や乳酸菌を毎日、積極的にとるのが基本です。

食生活はバランスのとれた食事を心がけることが一番ですが、特に食物繊維が豊富な食品をしっかりとることがたいせつです。玄米、大豆、さつまいも、とうもろこし、青菜類、キャベツ、白菜、果物、柑橘類、海藻類など数多くあります。ほかにヨーグルト、ぬか漬け、納豆、キムチ、味噌、チーズなどの発酵食品も不可欠です

水分不足が便秘をまねく?
『腸活ダイエット』のポイントは、バランスのとれた食事と適度な運動、こまめな水分補給の3つです。ところが便秘の原因として多いのが水分不足だそうです。のどが渇くから飲むのではなく、日頃からこまめに水分をとるクセをつけましょう。1回にコップ1杯(約200mL)ぐらいが目安。一般的には食事での水分を含めて、1日に約2000mL(コップ約10杯)が必要だといわれています

生活習慣にする方法
継続することがたいせつです。まずは起床後と就寝前のコップ1杯の水から始めましょう。3つのポイントのほかに、腸を温めることも忘れてはいけません。水分をとるときは、常温かお湯にして、冷たい飲み物は避けたいところです。また、腹巻などをすることで『腸内フローラ』が整い、快便効果はより上がります

「腸活ダイエット」とは「腸内フローラ」を整えることにつきるようです。私も四季を問わず常に『温かい飲み物』をそばに置いてこまめにとっています。3つのポイントをおさえながら美味しく食べましょう

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA