更年期障害を恐れる前に今出来ること その2

では、前回からのお話の続きをしていきますね(*゚▽゚*)

女性ホルモンの乱れで更年期障害になるお話を前回しましたが…

実は

生理がある間に、いかに女性ホルモンを働かせるかが大事!

なんです☆

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があって、それぞれ違う役割を果たしているんですね。

エストロゲンは体温を上げ、女性の体を女性らしく形作り、肥満予防や骨や血管を強くする作用がある「美のホルモン」

プロゲステロンは妊娠の準備をするほか、血糖値の調節や体内の水分量調整などの働きがある「母のホルモン」

と言われています。

 

つまり女性ホルモンは美容と健康にはかかせない存在で、お肌や髪、爪を美しく保つことも

生活習慣を予防したり、むくみを改善したりするのも

女性ホルモンのおかげ!!

だから生理がある間に、いかに女性ホルモンを上手く働かせるかが閉経後や老後の美と健康を左右するんですよ!

そして女性ホルモンのバランスを整えるためには、冷やさない&栄養から考えるインナービューティーもとっても大切。

美造では、女性ホルモンと自律神経に働きかけるハーブとよもぎ蒸しを使いつつ、ホルモンバランスリフレなども組み合わせながら女性の悩みに寄り添います♡

 

 

☆ホルモンバランスプログラムについてはコチラ☆

卵子の力を育みます

 

☆よもぎ蒸しについてはコチラ☆

よもぎ蒸しで体内に起こる奇跡シリーズ 第2弾

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA