サーカディアンリズムとは

今回は夜8時以降に食べるとどうなるか

サーカディアンリズム(体内時計)についてのお話です。

人間には1日でリズムを刻むサーカディアンリズム(体内時計)が備わっています。

これは自身で意識しなくても日中は体が活動状態になり、夜間は休息状態に切り替わるようになっているんですよ

夜に摂取した食べ物のカロリーは、体を動かすことの少ない時間帯になるので必然的に蓄積される割合が多くなります。

ほとんどの人が、朝食は軽く、夕食にガッツリな食生活になりがちですよね!

困ったことにサーカディアンリズム(体内時計)は、そんな時間に食欲を増進させます。

夜の8時がもっとも食欲が増進するそうです。
反対に食欲がもっとも低下しているのは朝8時だそうですよ

このサーカディアンリズムを理想の食生活のリズムに変えるのが私たちの身体にとって大切になってきます。

睡眠中は胃(内臓)も働きを私たちと同じくお休みします(活動が弱くなります)。

夕食の時間が遅いと、私たちの活動時間内に消化が終わらず、胃に食べ物を抱えたままになってしまいますよね

恐ろしくないですか?!

胃の中に食べ物が溜まったままになると睡眠障害や太りやすい身体にも繋がるんです。

悪いことだらけですね…

食事をすることで胃の中で消化する働きが高まる時間は、お昼12時〜夜8時までと言われています

良質な睡眠を得るためには、食事はこのサイクルの時間帯までに済ませた方が良いということですね

サーカディアンリズムは、身体の調子や睡眠、さらには心の健康にまで影響してくるんですよ!

胃だけでなく内臓の働きをベストなタイミングでコントロールし、身体によいサーカディアンリズムを作っていけるようまずは出来るところから心掛けていきましょう‼

元気な身体と元気な気持ちで毎日を過ごせたらすばらしいですね♡

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA