美造の考える胃を小さくする方法part2

 

胃を小さくして満腹中枢を正常化しよう!シリーズのPart2です。

前回は1口ごとに30回は噛もう!の本当の理由について。

今回は食べる時間についてです。

 

その2.お腹が空いてから食べよう

朝、昼、晩とお腹が空いていないのに時間が来たら食べる事多くないですか??
(わたしだけ??)

前の食事の消化をしている最中に新しい食べ物が入ってくるのは、胃の過重労働にほかなりません。
胃を大きくしてしまい、胃下垂になり、腸の働きを圧迫してしまう事にも繋がります。

筋肉がなかったら胃を支えるものってほとんどないですからね
恐ろしや〜…

また、酵素の観点からも、胃が空っぽにならないと別の働きの酵素を出せないので、代謝するホルモンも出せないし、
身体の疲労回復をするホルモンも出せない…
特に、身体の疲労と代謝を司るホルモンは、12時〜4時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に寝ていないと働きません

10時以降に寝ることは、代謝や疲労回復のホルモンが出る時間を短くしてしまっているという事…
怖っ‼

今日の美習慣。

お腹が空いていないのに食べるのはやめよーう!

 

また気が向いたら(←おいっ)Part3をupします!

リクエストがあったら頑張る!笑

おたのしみにー

 

☆part1も併せてどうぞ☆

美造の考える胃を小さくする方法 Part1

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA