卵子の力を育みます

皆さま、こんにちは^^

35歳から妊娠しやすいこころとカラダを自分でつくる!不妊専門bodyMakeサロン美造です

最近寒さも厳しいですが、お身体冷えてませんか?

というのも

妊活にとって冷えはタブーなんです!

命を守る臓器は大体36.5〜37.5℃で活動するようになっています。

身体が冷えると、重要な臓器から守ろうとするので他の部位へ流れる血を抑えて身体の中心へ血液を集める結果、手足が冷えることになります。

一方で子宮や卵巣は命を守る臓器ではない為に、温める優先順位が低いんです

その結果、本来なら常にポカポカで卵子を守り、育まなきゃいけない機能を維持するホルモンが

届かなくなってしまいます

また卵子にも年齢があり、女性はすでにお母さんのお腹の中にいる頃から卵子を持ち合わせているので自分自身の年齢+1歳が卵子の年齢となります。

そして生まれた頃には200万個あった卵子も、初潮時で20〜30万個になります。

一気に1/10になっちゃうの!?

また毎月の月経では、今一番元気な卵子が排卵されていき…

30代後半には数も元気な卵子もどんどん減っていきます。

生まれた瞬間から老化(嫌な響き…)が始まる卵子。

卵子が衰えると、どーしても妊娠する確率が低くなりがち…

美造では遺伝子栄養学の力で細胞からのアンチエイジングをオススメしてます。

卵子のエイジングケア始めてみませんか?

まずはフードバランス診断から始めるのをオススメしますよ♡

 

☆フードバランスについて詳しくはコチラ☆

フードバランス (美容栄養診断)始めました!!

Follow me!

The following two tabs change content below.

渡邉 かおり

私自身、超がつくほど不健康でした… アレルギー、喘息、アトピー、夏以外年中花粉症に悩まされた幼少時代。 胃腸が弱く、貧血持ちで風邪も引きやすく、子宮内膜症で生理不順と子宮筋腫、子どもを産むのも厳しいと言われていました。市販のサプリや健康療法、漢方や注射やレーザーなどいろんなことをチャレンジしましたが完治には至らず… 自分の症状をなんとかしたいと思い、栄養学を学び実践していくことで体質を改善し、今では風邪一つない健康体に◎ 美造では病院や整体や漢方でもできないストレスケアや手から伝わる癒しと機械による血流改善、温活や習慣改善のコーチングを取り入れて新しい形のエステサロンを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です